ページの先頭です

ページ内移動用のメニューです。
English

本ホームページは音声読み上げや点字での表示に対応しています。



ここから本文です

  • 生い立ち・ルーツ
  • 新しいソーシャルドッグの誕生
  • 体の特徴
  • 性格
  • 犬舎

生い立ち・ルーツ

アレルギーを持つ人のパートナーとして

社交的で賢く、人懐っこく、つぶらな瞳で優しい表情を持つ犬種、それがオーストラリアン・ラブラドゥードル。
その名のとおり、ラブラドール・レトリーバーとプードルの組み合わせで、アレルギーを持つ人のパートナーとしてこの世に生をうけました。なお、両親犬として、ラブラドール・レトリーバー、プードルの他に、能力やカラーバリエーションを増やすため、アイリッシュ・ウォーター・スパニエル、カーリー・コーテッド・レトリーバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが取り入れられています。
また、血統を保つため、交配は特に厳しく管理されており、現在は日本におけるブリーディング活動はニチイグリーンファームのみで行われております。

誰からも愛されるオーストラリアン・ラブラドゥードルへ

1970年半ば、ハワイに住む盲目の女性は、犬アレルギーをもつ夫でも一緒に生活できる介助犬を探していました。
そのことを知った、メルボルンにある盲導犬協会で働いていたウォーリー・コンラン氏は、彼女の希望を叶えるため、アレルギーフレンドリーな犬種を作出するべく、賢く訓練能力の高いラブラドール・レトリーバーと、抜け毛の少ないスタンダード・プードルの交配を提案します。
最初の交配では3頭が誕生。被毛のサンプルをハワイに住む彼らのもとへ送ったところ、コンラン氏の予想は的中し、1頭の被毛がアレルギー反応を起こしませんでした。その1頭は盲導犬として訓練され、無事ハワイへと渡りました。

とはいえ、その当時は、アレルギーフレンドリーなオーストラリアン・ラブラドゥードルを作り出す遺伝子を解明することができておらず、試行錯誤の日々が続きました。ただ、オーストラリアン・ラブラドゥードルに対するブリーダーの関心は高く、この犬種の特徴を理解したうえで、慎重な計画に基づいて品種改良に努めていきました。
その努力の結果、今日に知られるような、誰からも愛されるオーストラリアン・ラブラドゥードルが生まれたのです。

ページ上部へ

ここから文末です