ページの先頭です

ページ内移動用のメニューです。
English

本ホームページは音声読み上げや点字での表示に対応しています。



ここから本文です

オーストラリアン・ラブラドゥードルコラム 第1回 仔犬を迎える準備

次のコラムを見る

オーストラリアン・ラブラドゥードルコラムTOP

仔犬を迎える前に、犬との暮らしに最低限必要なものはそろえておきましょう。

生活環境の準備

サークル

体のサイズによって選ぶ大きさが変わってきます。
選ぶ基準サイズは下記サイズを参考にしてください。

ミニチュア 90×60cm
ミディアム 120×90×H80cm
スタンダード 125×120~125×H80cm

設置環境

(1) 屋内飼育の場合
サークルはテレビの横やドアのすぐ側などには置かず、ゆっくり休める場所を探して設置してください。
電気コードなど危険なものの管理をしっかり行ってください。

(2) 屋内飼育が困難である場合の屋外飼育(FCHシステム参加者は原則室内飼育が条件となります。)
・南向きで風通しの良い場所を選ぶ
・迷惑・危害防止のため、できるだけ家族のいる近くに置き、道路側等外来者の出入り口の多い場所は避ける。
・強い日差しやノミ・蚊から守る。
・鎖につなぐ場合でもなるべく動きを制限しないよう工夫する。
・犬舎周囲は清潔に保つ。
・泣き声や糞尿により迷惑をかけない場所を選ぶ。

ここに注意!
オーストラリアン・ラブラドゥードルは非常に学習能力の高い犬種です。1度サークルをよじ登り、逃げ出すことを覚えてしまうと繰り返し逃げ出すようになってしまいますので、安全面を考えて屋根を付けることをお勧めします。

トイレ

トイレもサークルと同じく体のサイズによって選ぶ大きさが変わってきます。
選ぶ基準サイズは下記のサイズを参考にしてください。

ミニチュア ワイドサイズ(M)
63×48×H4cm
ミディアム スーパーワイド(XL)
94×64×H4cm
スタンダード スーパーワイド(XL)
94×64×H4cmを2枚か、サークルをトイレとして使用。
ここに注意!
トイレはサークルの床半分に設置します。購入する前に適合サイズのトイレがサークルに入るかどうか試してみましょう。そして、トイレのサイズに合ったトイレシーツを忘れずにセットしてください。

寝床

サークル内に寝床を用意する場合、体のサイズに合わせて選ぶのはもちろんですが、しつけをしやすくするためにもトイレと差をつけることが大切です。
柔らかい素材で、トイレよりも高さのあるものを選ぶと良いでしょう。

ここに注意!
ベッドはトイレの反対側、サークルの床半分に設置します。仔犬の時は汚してしまうことも多いので、スペアとしてもう一つ用意しておくと便利です。

水入れ

水は常に新鮮なものを用意しておきます。市販されている給水ボトルや、使用済のペットボトルを取り付けられるタイプのものであれば、水をこぼしてしまうこともありませんのでおすすめです。

食器

食器は、陶器のものかステンレスタイプのものを選んでください。大きさは体のサイズで変えてください。

ここに注意!
プラスチックタイプの食器は、かじった時に周りに傷が付き不衛生になるのと、歯茎を傷つける原因となりますので、できるだけ避けてください。

ブラシ

オーストラリアン・ラブラドゥードルの毛質はフリースまたはウールになります。この2種類の毛質はとても柔らかく何もしないでいると毛玉になってしまいます。ブラッシングはコミュニケーションを深めるためにも毎日行ってください。

遊び道具

仔犬は歯の抜け替わりになると歯が痒くなりいろいろなものを噛みます。かじって良い物と悪い物の区別を教えてあげるためや、人とのコニュミケーションをとるためにも犬用玩具をあげてください。

ここに注意!
選ぶ基準は犬の口よりも一回り大きいものを選んでください。犬によっては夢中になるあまりに飲み込んでしまう仔もいます。大変危険ですのでサイズ、形をよく見比べて遊びましょう。

首輪・リード

首輪とリードはそのときに合うサイズのものを選んでください。仔犬の頃に買った首輪がずっと使えるわけではありません。成長に合わせて新しいものを購入してください。
首輪ではなく胴を支えるような形で作られた胴輪タイプもありますが、最初はしつけがしやすい首輪タイプをおすすめします。

ここに注意!
首輪のサイズは、犬の首に装着したときに大人の指1本分の余裕があるものがベストです。

次のコラムを見る

オーストラリアン・ラブラドゥードルコラムTOP

ページ上部へ

ここから文末です